中国語、中国留学、中国ビジネス、中国語講座、中国風俗、語学留学、中国語会話、中国語辞書、中国語発音、中国語教室
快速!中国語会話習得研究会高杉龍雲の龍雲式中国語会話速習プログラム〜24週間で実践式中国語を習得する手法〜
 


無料レポート「一日1時間24週間で出来る龍雲式中国語会話速習法」

>>ダウンロードページへ

 
無料メール講座【中国語快速習得!】購読登録

>>>メルマガ詳細 Mag2 Logo 

 


実際に映像を観ながら中国語発音練習。

>>ダウンロードページへ

 
 

 
 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
   

 

巷には、有象無象の中国語教材や中国語教室が溢れています。

もしかしたら、これを読んでいるあなたもそんな教材や教室を利用しているのではないでしょうか?

これから私が言うことはそんなあなたの気分を害することになるかも知れません。しかし残念ながら事実ですので、我慢して聞いてください。

あなたが教室に中国語をマスターする目的で通っている語学教室。

それらの語学教室のほとんどは、あなたのように中国語を学びたい生徒がなるべく長期間に渡って教室に通い、または在籍し、学費を払い続けることを第一に望んでいます。

そのため、あなたがマスターするのを遅らせるようにゆっくり教えています。

誤解を避けるために言うなら、これはもちろん決して彼らを責めるべきことではありません。彼らとて、ビジネスとして中国語をはじめとした外国語を教えることであなたから支払い続ける学費から、生徒を集めるために使った莫大な広告費、従業員や講師たちの給料を回収し、利益を出さなければならないのですから。

しかし、語学教室は生徒が外国語を少しずつしか学べないようにさせることにより、成り立つビジネスモデルであること、これは厳然たる事実なのです。

 

私の公開しているプログラムは違います。

私はお金儲けのためにこの講座を設けているわけではありません。もとより大規模なものではありませんし、本業の利益に申し訳程度の利益が加算される程度です。

では、なぜこのような講座を運営しているか?それは強いて言えば、中国に挑戦する仲間を増やしたいというところでしょうか。そのために私の経験、知識とシステムが、皆さんが語学を早期に習得し、多くの方の究極の目的である実際のビジネスに着手できるようになる一助になればと願っているのです。

私はその目標の下、24週間という期限を設けて、使える中国語を習得する方法を公開することをここに宣言します。


   

 

 

こんにちは、“快速!中国語会話習得研究会”高杉龍雲と申します。

あれは、今から約10年前のこと・・・

 

当時は日本での勤め先を辞めてきたうえ資金も少なく、働かずにいられる時間は長くても1年という、切羽詰った状況でした。

 

そんな環境の中、短期間で中国語を習得する方法を必死に考え、行動した結果、当初の予定どおり半年で仕事に通用する中国語を習得し、その後、大手メーカーの市場開発責任者として、中国人を相手に数々のプロジェクトを成功に導いてきました。

 

「龍雲さん、あなたはもともと中国語の基礎ができていたのでしょう?」

いえいえそんなことはありません。

まったく出来ませんでした。本当にとことん“知識ゼロ”でした。

・・・・

 

まずは私、高杉龍雲という人間をもっと知ってもらうために、

恥ずかしながら私の過去をここに公開します。

 

1995年9月、私は上海の地に降り立ちました。

所持金も少なく、中国語はまったく話せません。

空港から一泊目のホテルへ向かうタクシーの料金は、その後知った妥当な金額の2倍近く取られていました。

すっかり日が暮れたていたその日は水ひとつ買えず、すきっ腹を抱え、擦り切れた毛布にくるまって眠りました。

 

 

その数ヶ月前、私は日本で神戸を本拠にする小さな商社で働いていました。

欧州・中東地域への機械の輸出を専門に扱っていたその会社は、当時急激に進んでいた円高で取引が急激に細り、風前の灯。

 

親族たちによるオーナー企業であった会社では、容赦のないリストラが敢行されます。

6ヶ月のうちに中高年の管理職を中心に人員が整理され、社員数はもとの3分の2ぐらいになりました。

リストラされた人たちの中には、私が入社後の配属先でお世話になった上司も含まれていました。

彼は会社を去る日私に言いました、“これからの時代は中国だ。おまえは中国と何か商売を考えたほうがいい、俺がもう少し若ければすぐにでも中国へ渡る。”

 

何気ないその言葉が頭に残っていました。

 

阪神大震災を経て会社は倒産しますが、私は中国の地に立っていました。

 

中国を意識してから、ほんの数ヶ月目のことでした。

 

そんな状態だったので中国に着いた当時の私の中国語力はほとんど「ゼロ」。かろうじて「ニーハオ」と「シエシエ」が言えるだけでした。

 

上にも書いたように、中国に着いた当日は地図を指差ししてしかコミュニケーションをとれなかったため、タクシーにはボッタクラれ、

空腹にも関わらず、怖くて売店で食べ物を買うことすらできず、

翌日、上海の有名な観光地“豫園”(yuyuan)に行こうと、旅行ガイドブックを見ながら「ユーユェン!」とタクシーの運転手に言ったら、病院(yiyuan)に連れて行かれてしまったり・・・

日本語を話せる中国人を通訳にして食事に行ったら、レストランの別室に通され法外な金額を請求されたり・・・(後で考えると通訳がレストランからコミッションを得ていたらしい。)

「言葉ができれば、通訳を頼む必要もなくこんなことにはならなかったかもしれない。」と本当に自分の不甲斐なさを呪うばかりでした。

 

それほど、言葉ができないというのは私にとって厳しい現実でした。

けれどもそんな私でも、ある手法を使うことにより短期間で中国語を覚えその現実を克服できたのです。

その手法とは・・・

 

言葉を最速で覚えるにはガチンコで対面して現地人と話すこと、これに尽きます。

何時間も机に向かって勉強するより、CDを聞くよりも、現地の人間を相手に一度使ってみればすぐに身につくのです。

子供がそうですよね。読み書きはできないのに、大人が話すことを聞いてそれをまねして話すことによりどんどん言葉を覚えてゆく。

ここ大事なので繰り返します。

“何度も書いたり、聴いたりするよりも、一度使って通じたほうが覚える。”

人間の脳の仕組みはそうなっているのです。

中国語を覚えるためには中国人を相手にどんどん話しをすることが中国語習得の一番の近道なのです。

 

基礎も何もない私が取った方法はこうでした。

とにかく録音された中国を声に出して何度も音読して、体に覚えこませます。

そして中国人と話すときに覚えた中国語をそのまま聞いてもらうのです。

たったそれだけ。

そうすることにより、相手が自分の言ったことに対して反応します。例えば“もう一回行ってみてくれ”とか“ここの発音は正しくはこうだ”とか。

つまり自分が覚えて口に出した中国語、自分がそのときよく知っている中国語を中心に話題が展開してゆく。

こうしてだんだんと会話が発展してゆくのです。

 

「でも、それは中国ではできるけど、日本では難しいですよね。私たちは日本にいるんですよ、そんなこと簡単にできるわけないじゃないですか!」

はい、あなたのおっしゃることはもっともです。

しかし、もしも私が、「現地人が目の前にいるかのように、中国の大地の砂くさい臭いが漂ってくるかのように、まさに今、中国にいて、現地人と実際に話しているような状況を創り出せる」としたらどうしますか?

私のプログラムは「ある方法」を使って、あたかも現地人としゃべっているかのように中国語を習得する事ができるのです。

「え!?そんな馬鹿な!!」

はい、あなたの疑問ももっともです。

しかし、本当に「できる」のです。

それは・・・・

 

それはゼロから半年で日常会話レベルの中国語をマスターした
私、高杉龍雲が自分で行ってきた練習法とその後でもいろいろ
とあった無駄を後に省き、実用的なものだけを残した超短期間で
中国語会話能力を養う実用プログラム・・・

そのコンセプトは、

 

 

”龍雲式中国語会話速習プログラム”はなぜ、効果的な速習ができるのか?

その理由は、

 

● 音声を聞き、テキストを見ながら同時に音読することにより、目・耳・口の語学に最も重要な3感を同時進行で鍛えることができるからです。

● 文法を含んだ短文、会話文、記事文という3種類の文章を音読することにより、“構文に対するセンス”、“日常使われる口語表現と受け答え”、“文章・会話の流れからわからない単語の意味を類推する力“の3種の会話に必要な能力を効率よく身につけることができるからです。

● 音読練習をこなした後で、実際にネイティブスピーカーを相手に覚えたことをすぐに使うことができるからです。覚えたことは会話で実際に使うことにより、定着するのです。

 

そして何よりもゴールがはっきり見えています。

 

イメージしてください。

 

24週間後、あなたは必ず中国語を使って話をしています。

 

そして他にもこんなメリットが、

▼ 深夜でもレッスンを受けられます。

▼ 家事や子供の世話の合間でもレッスンを受けられます。

▼ 遠くまで行かなくてもレッスンが受けられます。

▼ 自営業などで家を空けにくい方でもレッスンが受けられます。

▼ 会社で残業の合間でもレッスンが受けられます。

▼ 自分のペースでレッスンを受けられます。

▼ 出張先でもレッスンが受けられます。

 

*画像をクリックするとサンプルをご覧になれます。
*音声サンプルはこちら
(右クリックで”対象をファイルに保存”で保存してご使用ください。)

 

● PDFテキストブック「龍雲式中国語会話速習教本」 第1課〜第4課

● 音声ファイル                          第1課〜第4課 

● 40分のWebレッスン4回分  *教材が届いてから4週間有効        

            定価:12,800円(税込)

* PDFテキストブック及び音声ファイルは1課が1週間分となっております。
* 教材は毎回4週間分セットでの販売となります。

 

 

【お申し込み方法】

皆様に安心してプログラムをご利用いただくために、”龍雲式中国語会話速習プログラム”では必ず先に「無料Webレッスン」でレッスンの質及び、音声チャットサービスの通信状況を確認してから、正規のお申し込みをいただくようにしております。

1.”龍雲式中国語会話速習プログラム”をお申し込みご希望の方はこのページの一番下にある”無料Webレッスン申し込み”ボタンをクリックして、申し込みフォームに必要事項を記入して送信してください。

2.当方より申し込み“無料Webレッスンお申し込み確認のメール”を送信いたします。

3.“無料Webレッスンお申し込み確認のメール”にて同意した日時に音声チャットサービスを使用して「無料Webレッスン」を行います。この作業は同時に通信状況のチェックを行うためのものです。

4.「無料Webレッスン」を終えた後、正規に”龍雲式中国語会話速習プログラム”を申し込む方は別途メールにてお知らせする方法でお申し込みいただきます。

5.入金を確認した後、教材と音声ファイルのダウンロード先のURLとダウンロードの方法ををメールにてご案内いたします。

*無料Webレッスンは約30分です。
*Webレッスンには無料の音声チャットサービス(スカイプ、MSNメッセンジャー、Yahoo!メッセンジャー)を使用します。現在使用しているサービスが無ければ下記を参照してアカウントを開設して下さい。

音声チャットサービスのアカウント開設方法

”龍雲式中国語会話速習プログラム”の理想的な練習方法

”龍雲式中国語会話速習プログラム”Webレッスンについて

 

 

* 確実で質の高いレッスンを受けていただくために、現状のキャパシティを超えるお申し込みがあった場合には突然申し込みを締め切らせていただく場合がございます。悪しからずご了承ください。

 

今月中に無料Webレッスンをお申し込みの方に差し上げます。

中国語を学ぶなら、ぜひ最初のレッスンの前に覚えておきたい、数量・期間の表現方法、挨拶の仕方等をまとめた小冊子です。


1.中国語の基本発音
2.中国語の四声
3.数の言い方
4.時刻の言い方
5.簡単な挨拶&返答
6.相手の言うことがわからないときは
7.ものの尋ね方

*無料Webレッスンの際には本小冊子をお手元にご用意ください。
*"基本中国語会話ダイジェスト"の閲覧には"Adobe Acrobat Reader"が必要です。"Adobe Acrobat Reader"はこちらから無料でダウンロードできます。

 

 

 

  


[PR]
学校 大学 専門学校 保育士資格試験 学習 アカデミー 伊藤塾 日能研 駿台予備校 進学 学習 資格取得 介護保険改正 認定看護師 インテリアコーディネータ試験 音楽療法士資格 調理師免許 調理師専門学校 看護学校 看護専門学校 医療専門学校 医療・事務・資格試験 美容師専門学校 理容専門学校・美容専門学校 ファッション専門学校 ファッションデザイナー ファッションアドバイザー 資格試験 国家資格 国家資格試験 不動産資格試験 専門学校 ビジネス 美容師国家試験 調理師免許

 
実践式中国語習得プログラム | 発音ビデオ教習 | 無料メール講座
高杉龍雲プロフィール | 推薦語学習得法 | 特定商取引法 | サイトマップ
ヘルプ − プライバシーポリシー − 免責事項 − お問合せ
Copyright © 2006 快速!中国語会話習得研究会 All Rights Reserved.