ラボーナ カジノ:入金ボーナス最新キャンペーン速報

ラボーナ カジノ:入金ボーナス最新キャンペーン速報

ラボーナ カジノ(rabona カジノ)の日本公式サイト情報やrabona カジノ 入金不要ボーナス・VIP特別報酬やウェルカムボーナス情報を速報します。ラボナカジノは⾼オッズベットが盛りだくさん!ラボナカジノ独⾃のカードコレクションシステムを満喫してスポーツを楽しめます♪

ラボーナカジノ 最新キャンペーン情報 日本語対応

 

>>>ラボーナカジノ最新キャンペーン情報はコチラ

 

 

>>>ラボーナカジノ入金ボーナスGETする方はコチラ

 

 

 

 

 

 

ラボーナカジノ決済手段について

 

クレジットカード

●Visa
●Mastercard
●American Express
●JCB

 

 

 

E-Wallet

●ecoPayz
●AstroPay
●Jeton
●MuchBetter

 

 

仮想通貨

●Bitcoin
●Ethereum
●ripple

 

 

 

 

>>>ラボーナカジノ最新キャンペーン情報はコチラ

 

 

>>>ラボーナカジノ入金ボーナスGETする方はコチラ

 

ラボーナ カジノ決済手段おすすめ

 

ラボーナカジノのおすすめ決済手段は?と聞かれたら
それは、世界的に有名なエコペイズです。

 

エコペイズとは?

 

コロナ禍の影響もあってか日本国内でも、現金以外の決済方法が普及しています。
特に使いやすいとされるのが、オンライン決済サービスでしょう。
このオンライン決済サービスには様々なものがありますが、世界中で利用されているのがエコペイズです。
イギリスの会社が運営しているサービスで、20年以上の実績があるのもポイントでしょう。
安定して利用できることから人気が高く、オンラインカジノの決済方法としてもよく利用されています。
そんなエコペイズについて見ていきましょう。

 

エコペイズはイギリスの企業であるPSI-Pay Ltd.が運営しています。
FCAというイギリスの金融庁にあたる機関からも、認定されるほどの企業です。
安全性が高い企業でないと、こうした公的な認可を取得することはできません。
ちなみにパソコンとスマホの両方に対応していて、特にスマホの場合は専用のアプリがあるので使い勝手が良いでしょう。
アプリも日本語に対応していますし、カスタマーサポートもメールなら日本語でも大丈夫です。
ライブチャットでのサポートにも対応していますが、こちらは英語のみなので注意してください。
日本語でのサポートもあるので、万が一のことがあっても安心です。

 

エコペイズはどんなサービスなのかについても確認しましょう。
端的にお伝えするのなら、エコペイズは電子マネーの一種になります。
基本的にお金をチャージして、何らかの決済手段として利用する形です。
ただ日本国内で普及している一般的な電子マネーと違う点が1つあります。
それは電子マネーを現金化できることです。
国内で普及している電子マネーはチャージができ、決済手段としても使えますが現金化ができません。
しかしエコペイズではチャージしたお金を自分の銀行口座に振込すれば、現金として利用できるのです。
そのためオンラインカジノなどの幅広いサービスで利用されています。

 

次にエコペイズを利用するメリットを見ていきましょう。
エコペイズは信頼性が高くて、安全に決済できるのが大きなメリットです。
先述したようにエコペイズは、イギリスのFCAにて認可されたサービスなので、信頼性がかなり高いのです。
なぜならFCAで認可を受けるには、世界的にも厳格な審査と規定にパスする必要があるからです。
また20年以上の実績があることでから、安心して利用できるでしょう。
他にも利用できる場所が多いというのもポイントです。
主に日本国内からエコペイズを利用する人の多くは、オンラインカジノの決済手段として利用しています。
ほとんどのカジノに対応しているので、別の決済手段を用意しなくてもいいのがメリットでしょう。
パソコンからだけではなく、スマホのアプリからも資金管理できるのも魅力です。

 

次にエコペイズを利用する時の手数料を確認しておきます。
口座を開設・維持するための手数料はかかりません。
しかし入金・出金をするのには手数料がかかってしまうのです。
入金の場合は銀行からの送金と、クレジットカードによる送金の2つがあります。
銀行送金では居住している国や地域での設定があるので、公式サイトから確認した方がいいでしょう。
クレジットカードの場合は1.69%~6%と0.25ユーロの手数料がかかります。
出金は銀行口座への送金のみになっていて、5.9~10ユーロです。
ちなみに会員レベルを上げることで手数料は少なくなっていきます。
登録した時点ではクラシックというレベルで、シルバー・ゴールド・プラチナム・ビップと上がっていく形です。
本人確認の書類を提出することでクラシックからシルバーへと、ランクがアップします。
あとは取引回数を重ねて利用実績を作っていくと、ランクが上がる仕組みです。
原則としてクラシックでは現金化できないので、オンラインカジノで利用するのなら最低でもシルバーランクまで上げておくといいでしょう。

 

最後に口座の作り方を確認しておきます。
先ずはエコペイズの公式ウェブサイトにアクセスして、無料アカウントを開設をクリックしてください。
するとエコアカウントを作成という画面になるので、ユーザー名やEメールアドレスなどの情報を埋めていきましょう。
使用通貨の欄では日本円も選択できますが、換金手数料が必要となってくるので米ドルを指定しておくといいです。
また画面は日本語対応していますが、個人情報の入力はローマ字になるので間違えないようにしてください。
電話番号の欄については国番号が振られていますので、最初の0を抜いて入力してください。
アカウントの作成という部分をクリックすると、情報に抜けがなければ口座がすぐに開設されます。
ただ前段でお伝えしたように作成した段階では銀行送金ができませんので、引き続き本人確認を行なうようにしてください。

 

エコペイズについて紹介してみました。
オンラインカジノ決済手段として有名なのがエコペイズです。
イギリスの会社が運営するオンライン決済システムで、電子マネーと似ているサービスになります。
大きな違いとしては、エコペイズ口座にチャージされたお金を現金化できる点でしょう。
既に20年以上の実績があり、様々なサービスで利用できることから世界中で人気のサービスになります。

 

ラボーナ カジノの特徴

 

ラボーナ カジノは、2019年にオープンしたオンラインカジノで、スポーツベットに力を入れていたり初回入金を行うとスロットのフリースピンを貰えるなどのサービスを行っています。日本の中ではそれほど有名ではないけれども、同系列のワザンバカジノが日本の中で展開している関係から今後は注目が集まる可能性が高いことや日本人ユーザーの数も増えるのではないか、このような予測も行われています。

 

ラボーナ カジノは、スロット以外にも高オッズでの賭けが可能なブックメーカーに人気が集まっていてスポーツベットに力を入れていることが分かるのではないでしょうか。新規登録で、入金ボーナスとしてフリースピン特典が付いているのでスロットで遊びたい人におすすめできます。VIPランクは出金限度額がアップする仕組みを持つので、VIP狙いの人にもおすすめのオンラインカジノといえるのではないでしょうか。

 

ラボーナ カジノは、審査が非常に厳しいとされるキュラソー政府のライセンスを取得しているため信頼性においても安心感がありますし、チャットでの問い合わせの場合は日本語での対応が取れるので英語ではちょっと難しいと感じる人も安心して遊べます。メールでの問い合わせは24時間ですが、ラボーナ カジノはライブチャットにおいても24時間対応になっているので困ったことがあるときなど気軽にチャットで話しかけてみると良いでしょう。

 

ラボーナ カジノは、徐々に人気を集めているオンラインカジノになりますが、人気を集めている理由の中には、6,500種類を超えるゲームが用意されている点や一般的なオンラインカジノで遊べるスロットやライブカジノゲーム以外にも、様々なスポーツの試合に掛けることができるスポーツブック、ラボーナ カジノ独自の機種でもあるアーケードゲームなども人気を集めている理由の一つになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラボーナカジノ入金不要ボーナスについて

 

>>>ラボーナカジノ入金不要ボーナス情報はコチラ

 

 

ラボーナカジノのライセンスはどこか?

ラボナカジノの運営はキュラソーライセンスにて厳密に運営されています。

 

ラボーナカジノの入金ボーナスについて

ラボーナカジノの入金ボーナスは一体型か?分離型か?気になっている方が多いこととおもいます。
ラボナカジノの入金ボーナスはズバリ基本はボーナス「分離型」(リアルマネーの勝ち分はボーナス放棄で出⾦可能)です。
楽しく遊ぶ前にご注意ください。

 

オンラインカジノについての考察

世界的に流行したコロナウイルスの影響で非接触型のサービスが人気です。
その中でも特に欧米を中心に高い人気なのが、オンラインカジノになります。
既に4000万人以上のユーザーがいるとも言われていて、最早文化の1つともされるほどです。
ここ数年で日本語対応するオンラインカジノも増えていて、日本からでも遊びやすい環境になっています。
そこでオンラインカジノについて詳しく見ていきましょう。

 

オンラインカジノとは、その名の通りにインターネット上で運営されているカジノのことです。
略してオンカジと呼ばれることもあります。
カジノと言えばラスベガスなどにある店舗型のものをイメージする人も多いでしょうが、最近ではコロナウイルスの影響もありオンラインカジノが人気です。
欧米を中心として営業をしていたものだけに、数年前までは日本語には対応していないケースがほとんどでした。
しかし近年になって日本市場向けに日本語対応した、オンラインカジノも増えているのです。
実際にお金を賭けて遊ぶことになるので、ギャンブルで勝利すればお金を稼ぐこともできるでしょう。

 

オンラインカジノのことが気になっていても、合法なのかという点で気になる人が多いはずです。
日本国内では刑法によって、原則としてギャンブルが禁止されています。
利用できるのは国が認めている競馬や競輪といった、公営ギャンブルのみです。
パチンコについては景品に交換するという方法をとっているため、ギャンブルではないという判断になっています。
この刑法で重要な点がもう1つあり、ギャンブルをする場所を提供してはいけないということです。
オンラインカジノはインターネット上で運営されているものですし、運営会社は海外に本拠地を置き、サーバーも国内にはありません。
そのためギャンブルをする場所を提供する、に当たらないとも考えられるのです。
では結果としてオンラインカジノは合法なのかというと、そうでもありません。
明確に刑法に記載されているわけではないので、飽くまでもグレーゾーンだと考えておくべきです。
実際に2016年にはオンラインカジノで遊んだ日本人が逮捕される事例があるのですが、このときは不起訴となっています。
また2016年の事例以降は逮捕者も出ていないという状況です。
この点について留意しておくといいでしょう。

 

もう1つオンラインカジノで気になるのは安全なのかどうかです。
海外の会社が運営しているとのことだと、どうしても詳細がわかりにくいので不安だという人もいます。
そこで見極めるポイントになるのが、ライセンスを保有しているかどうかです。
各国の政府がオンラインカジノの審査をして、一定の基準を満たしていると認可の証としてライセンスを発行しています。
有名なのがイギリスのGambling Commissionや、マルタ共和国のRemote Gambling/HM Government of Gibraltarでしょう。
他にもキュラソー島やフィリピンのライセンスなどが有名です。
これらのライセンス取得しているオンラインカジノであれば、安心して利用できるでしょう。
またユーザーの信頼性をサポートしてくれるのが、第三者機関による定期的な審査です。
この審査を受けていると、不正に確率を操作しているなどの不安が軽減できます。

 

次にお金のことも確認しましょう。
オンラインカジノは実際にお金を賭けてゲームをプレイします。
そのため入金する必要があるのですが、主にはクレジットカードやオンラインの決済サービスを利用することになるのです。
オンラインカジノで得られた勝利金も、先ずは決済サービスの口座へ送金して、その後に日本の口座に移すのが一般的な方法になります。
最近ではオンラインカジノから銀行に振込ができるサービスや、仮想通貨を使った直接の取引に対応するケースもあります。
ちなみにオンラインカジノの勝利金に税金はかかるのかという点ですが、実はかかってしまうので注意してください。
原則として勝利金のみが税金の対象で、負けた分の差し引きができないので注意しておきましょう。

 

では実際にオンラインカジノで遊ぶとして、どんなゲームがプレイできるのでしょうか。
オンラインカジノでは様々なゲームがプレイできます。
いわゆるカジノゲームと呼ばれるスロットや、ルーレットなどは当然のこと、他にもカードゲームなどにも対応可能です。
また最近では仮想通貨を使った新しいゲームなども出てきています。
どのオンラインカジノを選ぶのかにもよるのですが、多いところでは2000~3000種類ものゲームがプレイできるでしょう。
幅広いゲームがありますし、無料でプレイすることも可能です。
他にもスポーツベッティングにも対応する、オンラインカジノもあります。
スポーツの勝ち負けにお金を賭けるのですが、カジノによっては日本のプロ野球やJリーグなどの試合も対象です。

 

オンラインカジノについて調べてみました。
インターネット上で利用できるカジノなので、実際にお金を賭けられます。
また勝負に勝った場合はお金を増やすこともできます。
ただ法律的に見るとグレーゾーンなので、完全に合法な存在ではありません。
ここ数年で日本語対応するオンラインカジノも増えているので、日本人が使いやすくなったと言えるでしょう。

 

ラボナカジノのバカラ攻略法

 

カジノゲームでも人気なのがバカラです。
カジノの王様とも呼ばれるゲームで、特にアジア圏で人気があります。
そんなバカラで勝つための攻略法はあるのでしょうか。
基本的にバカラはプレイヤースキルを必要としないゲームなので、場の流れを読んで賭けることになります。
そのため絶対に勝てる攻略法はありません。
しかし勝つ確率を高める方法はあるので、ここではそれを紹介していきます。

 

バカラの攻略法として最も代表的なのが罫線でしょう。
これはゲームの流れを一覧できるようにした表のことです。
バカラとはバンカー側が勝つか、プレイヤー側が勝つか、もしくは引き分けるのかを予測して賭けていくゲームになります。
通常はプレイヤー側が勝つと青い丸が描かれ、バンカー側が勝った場合は赤い丸が描かれる形です。
引き分けになった場合は前のゲームの結果に、緑色の斜線を引きます。
原則としてはこの色分けになるのですが、逆の色分けをしている場合もあるので最初に色を確認しておきましょう。
罫線には大路・大眼仔・小路・甲由路の4つの見方があります。
初心者でもわかりやすいのが大路なので、簡単に紹介しておきましょう。
罫線のルールですが左上からスタートして、どちらが連勝した場合は縦に丸が並んでいきます。
前のゲームと反対の結果になった場合は、右の列に移るという仕組みです。
この表に出ている赤丸と青丸の出方で流れを読みます。
確率的に見ると何度もゲームをすれば平均値に近くなっていくのですが、実際のゲームでは偏りが出るケースも少なくありません。
こうした偏りを見極められるのが大路だと考えてください。

 

オンラインカジノだから利用できる攻略法がカウンティングでしょう。
端的にお伝えすると、場に出たカードを数えていくだけです。
ランドカジノではカウンティングは禁止されている行為ですが、オンラインカジノの場合はプレイヤーを監視する人はいません。
そのためオンラインカジノなら、カウンティングをしても問題ないのです。
バカラではジョーカーを除いた52枚のトランプを1デッキと数え、6デッキか8デッキを用意してゲームがスタートします。
もちろんシャッフルしてからゲームが始まるのですが、大抵は偏りができてしまうのです。
そのためカウンティングを行なうことは効果的だと言えるでしょう。
メモをとっていくだけなのですが、最初は1~9のカードと10以上のカードにわけてカウントするといいです。
10以上のカードは0として扱われるので、0が多いか少ないかだけでも次のゲームの結果が予測しやすくなります。
最終的には数字ごとにメモをとるようにしましょう。

 

次のバカラ攻略法としては、チップコントロールがあります。
これは正確にはゲームを攻略するための方法ではなく、資金を管理することで勝ちやすくするというものです。
そのため罫線やバカラと併用して使うのが一般的でしょう。
チップコントロールには様々な方法があるのですが、よく言われるのがマーチンゲール法です。
マーチンゲールは連敗している時に利用するチップコントロールで、負けたら前のゲームのベット額を2倍にして次の勝負をします。
シンプルな方法なのですが、どれだけ連敗していても一度勝てば損失をゼロにできるのが魅力でしょう。
複雑な賭け方をするわけではないので、初心者でも利用しやすいです。
その反面で負けが続いてしまうと、テーブルリミットにかかるかもしれません。
或いはプレイヤーの資金が底をつく可能性もあるでしょう。
チップコントロールの方法は幾つもあるので、自分に合っているものを利用してください。
ちなみにマーチンゲール法は資金がないとしにくいですし、どこかで諦めてしまった場合は損失が膨らむのがデメリットです。

 

最後にもう1つセルフコントロールについても紹介しておきます。
こちらも純粋なゲーム攻略法ではなく、自分を律するということです。
これはどんなギャンブルでも同じなのですが、自分の中にルールを設けておいてそれを破らないようにしてください。
例えばバカラの場合、1日で50ドルの利益を出したらゲームを降りると決めておくのです。
そして実際に50ドルを稼いだら、そのままゲームを降ります。
例えば連勝が続いていると、どうしても継続して賭けたくなるのが人情です。
しかし結果的にルールを破って後悔することになるのなら、最初からきっぱりとゲームをやめるべきでしょう。
もう1つ有名なのは負けた分を一気に取り戻そうとしないことです。
先程のマーチンゲール法を使っても良いのですが、当たらなければ損失がどんどん膨らんでいきます。
そうではなく場の流れに合わせていくのが重要だと言えるでしょう。
大事なのはその日の収支だけではなく、1ヶ月や3ヶ月などのように長いスパンで見て勝っているかどうかだからです。

 

バカラ攻略法についてまとめてみました。
バカラの攻略法として有名なのが罫線を使ったものです。
4つの見方があるので、少しずつ理解を深めていくといいでしょう。
またオンラインカジノでのみ利用できるのが、場に出たカードを数えていくカウンティングです。
ランドカジノでは使えないので、利用するのはオンラインカジノのみとしておきましょう。
他にもチップコントロールやセルフコントロールなども利用しつつ、半年や1年などのスパンで勝つようにするのがおすすめです。

 

ラボーナカジノでマーチンゲール法を取り入れてプレイしてみる

 

オンラインカジノを楽しむ上で必須なのがベットコントロール法です。
攻略法や必勝法などとも呼ばれますが、こういう賭け方をしていると負けにくい、負けていても一度の勝利で損失をチャラにできるなどのような特徴があります。
ここで紹介したいのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法はカジノゲームでよく使われるベットコントロールの1つで、最近では投資などの世界でも利用されるようになりました。
ここではマーチンゲール法について詳しく確認してみます。

 

マーチンゲール法とは、どのような賭け方なのでしょうか。
結論からお伝えすると、負けている間は倍プッシュし続けるという方法です。
理論上は必ず勝つことができる方法なのですが、もう少し具体的に紹介します。
マーチンゲール法の肝は連敗している間は、ベット額を常に2倍にしていくというシンプルなものです。
そのため初心者や計算が苦手という人でも利用しやすいでしょう。
では具体的な賭け方を見ていきます。
ゲームを始める前に、初回ベットする額をあらかじめ決めてください。
この額をベースにしてベット額を操作していくのですが、ここでは1ドルとしておきます。
1ドルをベットしてゲームをプレイ、負けた場合は次の勝負で2ドルをベットしましょう。
勝った場合はリセットして初回のベット額に戻ってください。
これを繰り返していくというのが、マーチンゲール法です。

 

マーチンゲール法が適用できるゲームを見ていきましょう。
マーチンゲール法は、2倍配当のゲームで利用するものです。
また独立事象のゲームで利用するのが前提となっています。
独立事象というのは前のゲームの結果が、次のゲームに影響しないことです。
例えばカードゲームの場合は、前のゲームで使われたカードをデッキに戻さないので、当然ですが次のゲームに影響を与えてしまいます。
そのためブラックジャックなどでは利用できません。
一般的に独立事象のゲームとはルーレットや、シックボーなどで使われると考えてください。
ただしバカラなどでも利用する人はいます。

 

マーチンゲール法のメリットは計算がシンプルなことでしょう。
初回のベット額を負けている間は2倍にしていくだけなので、初心者でも簡単に利用できます。
また一度勝利すれば、それまでの損失をチャラにできるのがメリットです。
他方でデメリットが大きい賭け方でもあります。
デメリットとしては資金が大量に必要となることです。
負けている間は2倍にしていくため、1ドルでスタートしても10回目のベット額は512ドルが必要となります。
ここまでの損失が511ドルあるので、合計すると1000ドルの資金を持っていないと、対応できなくなるのです。
またこのベット額の増大で注意しないといけないのが、テーブルごとに設定されている上限額でしょう。
オンラインカジノでも同じなのですが、テーブルごとに最低ベット額と最大ベット額の設定があります。
先述したように最大500ドル設定のテーブルだと、10回目のベットはできなくなってしまうのです。
そのため資金の多寡によって、いつ損切をするのか考慮しなくてはいけません。
1回勝てば負けを取り戻せるからといって、負けを許容していると最終的には破綻してしまうのです。
ドツボにはまりやすい賭け方となるので、いつゲームを切り上げるのか考えておきましょう。

 

配当率2倍のゲームなので、そこまで負け続けないと考える人もいます。
しかしカジノゲームには偏りが明らかに出ている場合があり、この偏りにうまく乗れない場合、確率としては負けにくい回数でも連敗することがあるのです。
そこでポイントになるのが、空回しなどの制度でしょう。
空回しというのはルーレットで利用できるもので、ベットをせずにルーレットの結果だけを見るというものです。
ランドカジノでは様子を見ることも自由にできるのですが、オンラインカジノでは決まったゲームで利用できるルールになります。
代表的なのはFrench Rouletteでしょう。
この機能を利用することで、様子を見てからベットできます。
例えばルーレットで赤が連続で3回続いたとして、次に4回目がくるのか逆に黒が出るのか迷うケースもあります。
こうした時に空回しを利用して様子を見るのです。
赤が連続で出るのならそうした流れですし、逆に黒がきた場合は赤が出る流れが変わったとも読めます。

 

またマーチンゲール法と組み合わせて使う賭け方があるので、簡単に紹介しておきましょう。
パーレー法と呼ばれる方法で、こちらはマーチンゲール法と逆になります。
すなわち勝っている間は常にベット額を倍プッシュしていく方法です。
こちらは1回負けたとしても少ない損失ですむのが特徴になります。
基本的にはパーレー法を使って資金を増やしていき、負けた分はマーチンゲール法で取り戻していくという考え方です。

 

マーチンゲール法について詳しく調べてみました。
カジノゲームにおける資金管理の中では、恐らく最も有名なものでしょう。
カジノゲームでの資金管理だけではなく、最近ではFXなどの投資でも利用されています。
ルールはシンプルで負けている間は、ベット額を2倍にしていくというものです。
1度勝利すれば、これまでの損失を取り戻すことができます。
非常に魅力的な資金管理法ですが、負け続ける限りはベット額が倍増していくので資金が豊富になければ利用できないでしょう。